羽根付一文字・一文字・・・難易度★★

ここまでの「胴に巻く」は共通なのでこちらからご覧下さい

1.もう一度帯を後ろに回し、脇でたれの帯を
持ち左手で中央にある手先の帯を
脇まで戻して締める。
2.締めた後、手先の帯は脇に下げておく。
たれ帯を胸中央に付けて右斜め下に
向けて折り畳む。
3.斜めに折り畳んだたれの帯に手先の
帯を必ず折口(留め具)を上に向けて
重ねて留め具をハズす。
4.上に重ねた手先の帯でひと結びして
締める。結ぶのは帯幅の上の所で行う。
5.結んで締めた後、手先の帯を中心に
戻して邪魔にならないように下げておく。
6.たれの帯を必ず結び目の元から逆の
方向に向けて横にする。
結び目にお簿を残すとゆるむ。
7.右から左に帯を横にして体の幅で
羽根の大きさを決める。
右手は結び目から帯を引っ張る。
8.残っている帯を折り返し羽根を重ねて
たたむ。体型や帯により長さが違うので
長さは自由に決める。
9.結び目のシワを伸ばすために
羽根全体を返す。羽根を右から左に
向けて返し結び目の帯幅を伸ばす。
10.綺麗な羽根山(リボン)を作る為に
羽根裏の元に指先をつけ、
帯幅の中心に付ける。
11.指先を付けたまま、元の状態の羽根に
左から右に帯を返し、上から指先を
つかんで中心の山を作る。
12.中心の山を持ち、帯幅の耳を折り
あげてリボンの様なひだ山を作る。
13.中心のひだ山を持って左右両方の羽根
の帯端を引いて織り目を綺麗に整える。
14.羽根を作っている間に結び目が
ゆるんでいるので手先の帯と
羽根を持ってもう一度締め直す。
15.上にある手先の帯を羽根の上から
ゆったりかぶせ、羽根を持っている手首
の所から帯端を出す。
16.右手に羽根を持ち替え、左に出てきた
手先の帯を少しずつ引き締める。
靴の紐を結ぶ要領で。
17.斜め上に出た手先の帯を羽根の
下に下げる。指で結び目を挟み、
もう一方の手で手先の帯を引いて締める。
18.手先の帯端を胴帯の上から下に
通すが、胸紐には通さない事。
結び目も深く入れてしまう。
19.羽根に表情をつける。結んで羽根は
締めているので羽根を自由に
扱うことができる。
20.左を上に重ねて結んだ羽根を
後ろに回す。帯の上下を持って行う。
21.尻尾のように出ている手先の帯が
背中の中心にあることを確認し、
もう一度引き締める。
22.出ている手先の帯を外側に向けて
折り畳み、胴帯の中に入れる。強く
入れ込むと羽根が飛び出るので注意。
23.最後に帯板を帯と帯の間に入れ、
表面に張りを出す。
帯板を入れるとしっかりした感じに。

羽根付一文字と一文字は羽根の作り方迄は全く同じで
羽根を折り畳み、それを内側に折り返して作ります。
帯が短い場合は最初から内側に折り一枚の様な羽根にします。
他の手順は同じです