貝の口・・・難易度★★★


1.帯幅を二つに折って、帯幅の
約3倍強(40p)の長さを手先の帯
とし、その部分を留め具で留める。
2.留め具を胸中心に付け、胴帯で
押さえて帯を巻く。
幕方向は着物の合わせと反対向きに。
3.さらに一巻きしてから手先の帯
を中心から左脇まで戻し、
左右に開いた状態で静かに締める。
4.手先の折口に留めていた留め具を
はずし、緩まないように2まいの
胴帯幅の上を締める。
5.胸の中心で手先の帯とたれの帯を
合わせて持ち手先の帯端から約1.2p
短い所とたれの帯を持つ。
6.手債より短く寸法を決めた所
から内側に向けてたれの帯を
折り返して入れる。
7.体型や素材によって帯の長さが
違うが残りの帯を脇まで入れて、
再び留め具で留める。
8.口あきを上に向けた手先の帯に
二重になっているたれの帯を重ね
交差している位置を親指を上にして持つ。
9.たれ帯を上に出して結び締める。
結び目が斜めになっているので
この斜めの角度でしっかり締める。
10.結び目が緩まない様に押さえながら
上の二重のたれの帯の角を
少し中央に戻す。(画像左手部分)
11.ゆるみを防ぐ為に結び締めた手先の帯の角を親指で斜め上に折り返す。
折り返す方向は結んだ斜め上を向く。
12.折り返した手先の帯を結び目に従って斜め上に向け、
たれの帯と胴帯の交差している所にぴったり付けて持つ。
13.右手を斜め上から入れて二重の
たれの帯を持つ。帯結びは基本的に
右手を入れたら右側を持つ。
14.手に持っている右側の帯を完全に
出してから、全体の二重のたれの帯を
引き出して結び静かに締める。
15.両手で胴帯幅の上下を持ち
着物の合わせ方に沿って
貝の口結びを静かに後ろに回す。
16.最後に帯板を帯の間に入れて、
帯の表面に張りをもたせ結び上がり。